胡蝶蘭を育てる

贈答用の花で高価なものといえば胡蝶蘭が最初に想像できます。胡蝶蘭は、熱帯地方に生息している植物なので、寒さに弱い特徴があります。日本で育てる場合でも寒さに気をつける事が重要なポイントです。胡蝶蘭は、開花すると1ヶ月以上花を楽しむことができる植物です。胡蝶蘭は、毎年2月から3月に花が咲くのが普通ですが、温室を利用することで1年中花を咲かせることが可能となりました。 胡蝶蘭を日本で育てる場合には、従来では実生苗を利用して花を咲かせていましたが、今ではメリクロン苗を利用することが多くなりました。初めて胡蝶蘭を育てる場合にはフラスコ苗を購入して育てるのが一般的です。フラスコ苗は、実生苗やメリクロン苗を無菌培養した状態で販売されている苗のことです。

花を育てるときには日光に当てることが大事なことですが、胡蝶蘭のフラスコ苗の場合には直射日光に当てないようにする必要があります。日光に当てないようにフラスコ自体を光が通さないように布などで覆う必要があります。苗を瓶から取り出す時も病気を防ぐために葉っぱや根に付いている泥などの汚れをきれいに洗い落とす必要があります。フラスコから取り出した胡蝶蘭の苗を植え替えして、胡蝶蘭を育てることが始まります。胡蝶蘭は、育てて開花させるまで大変難しい植物と言われておりますが、重要なポイントを押さえて慎重に育てることで上手に開花することができる植物です。次のページからは、季節ごとに胡蝶蘭の育て方を紹介します。

 

■注目サイト
胡蝶蘭 通販・・・贈答用の胡蝶蘭を専門に販売している通販サイトです。

春の胡蝶蘭

胡蝶蘭は1年を通して育てる花なので、冬の冬眠の季節を越えなければ花を咲かせことができません。春の季節に入手した胡蝶蘭は、開花が終わりに近づいている状態です。このため鉢の植え替えは夏まで待つことになりま・・・

>> 詳細はこちら

初夏から夏の胡蝶蘭

春から夏になると、胡蝶蘭は日中の温度が上がるため葉の中央に新しい葉っぱが顔を表します。胡蝶蘭の成長の始まりです。鉢の植え替えを行う季節になります。通気性の良い素焼きの鉢に植え替える必要があります。日中の温・・・

>> 詳細はこちら

秋から冬の胡蝶蘭

胡蝶蘭にとって秋から冬の季節は大変重要な時期になります。特に秋の季節の胡蝶蘭の管理次第では、冬をいかに元気に過ごせるか左右されることになります。日中の温度が18度以下となる場合には室内に入れて胡蝶蘭を育てる・・・

>> 詳細はこちら

Copyright © 2014 胡蝶蘭の育て方 All Rights Reserved.